ONLYOFFICEが10年になりました! 7月7日から18日の期間に事業予測、または99%割引を受ける! 
今すぐ取得

高度なドキュメント処理を可能にするSDK

Microsoft Office フォーマットに完全適合

ONLYOFFICE とは何ですか?

強力なテキスト、スプレッドシート、プレゼンテーション、PDF 発行ツールです。
ONLYOFFICE Document Builder は最も完成に近いツールのひとつで、Microsoft Office を実際に使用することなく、お使いのアプリで DOCX、XLSX、PPTX、PDF フォーマットにドキュメントの変更、構築が可能です。
デモライブ

デュアル ライセンス モデル

ONLYOFFICE Document Builder はデュアル ライセンス モデルを使用しています。GNU AGPL v.3 ライセンスを遵守していれば、 GitHubで入手可能な ONLYOFFICE オープンソースを使用できることになります。お客様の知的財産権を守り、専門的なサポートを受ける場合には、営業許可証 が必要になります。
販売部門に連絡

ONLYOFFICE Document Builder の特徴は何ですか?

ONLYOFFICE Document Builder では、各ドキュメントに作成されたシンプルなスクリプトを使用できます。ドキュメントが新規でも既存でも、開いて変更する必要がある場合に使用できるようになっています。他のビルダーとは違い、変更の必要がある時いちいちアプリをコンパイルする必要はありません。すばやくドキュメントの作成を始められます。
API ドキュメントを読む

ONLYOFFICE Document Builder 機能

高度なドキュメント処理
書式付きテキスト、段落、画像、図、表、図形、ヘッダー、フッターなどの挿入、ブレット付きリスト、番号付きリストの作成ができます。データベースからのデータを使用して、図をわかりやすくできます。
builder.CreateFile("docx");
var oDocument = Api.GetDocument();
var oParagraph, oRun, oDrawing, oTextPr;
oParagraph = oDocument.GetElement(0);
oDrawing = Api.CreateImage("https://www.onlyoffice.com/images/landing/document-builder/document.jpg", 1556 * 3600, 1044 * 3600);
oParagraph.AddDrawing(oDrawing);
oTextPr = oDocument.GetDefaultTextPr();
oTextPr.SetFontSize(24);
oTextPr.SetColor(64,64,64);
oParagraph = Api.CreateParagraph();
oRun = Api.CreateRun();
oRun.SetFontSize(36);
oRun.SetColor(0,112,192);
oRun.SetBold(true);
oRun.AddText("Advanced document processing,");
oDocument.Push(oParagraph);
oParagraph = Api.CreateParagraph();
oRun = Api.CreateRun();
oRun.SetFontSize(24);
oRun.SetColor(0,176,240);
oRun.SetBold(true);
oRun.AddText("Insert formatted text");
oParagraph.AddElement(oRun);
oRun = Api.CreateRun();
oRun.AddText(",  paragraphs, ");
oParagraph.AddElement(oRun);
oRun = Api.CreateRun();
oRun.SetFontSize(24);
oRun.SetColor(8,140,68);
oRun.SetBold(true);
oRun.SetUnderline(true);
oRun.AddText("images");
oParagraph.AddElement(oRun);
oRun = Api.CreateRun();
oRun.AddText(", tables and ");
oParagraph.AddElement(oRun);
oRun = Api.CreateRun();
oRun.SetFontSize(24);
oRun.SetColor(255,106,0);
oRun.SetBold(true);
oRun.SetItalic(true);
oRun.AddText("charts, ");
oParagraph.AddElement(oRun);
oRun = Api.CreateRun();
oRun.SetHighlight(255,255,0);
oRun.AddText("shapes");
oParagraph.AddElement(oRun);
oRun = Api.CreateRun();
oRun.AddText(", ");
oParagraph.AddElement(oRun);
oRun = Api.CreateRun();
oRun.SetItalic(true);
oRun.SetVertAlign("superscript");
oRun.SetFontSize(40);
oRun.AddText("headers");
oParagraph.AddElement(oRun);
oRun = Api.CreateRun();
oRun.AddText(", and ");
oParagraph.AddElement(oRun);
oRun = Api.CreateRun();
oRun.SetItalic(true);
oRun.SetVertAlign("subscript");
oRun.SetFontSize(40);
oRun.AddText("footers");
oParagraph.AddElement(oRun);
oRun = Api.CreateRun();
oRun.AddText(", create a bulleted or numbered list, etc. Populate a table using data from a database.");
oParagraph.AddElement(oRun);
oDocument.Push(oParagraph);
oParagraph = Api.CreateParagraph();
oDocument.Push(oParagraph);
oParagraph = Api.CreateParagraph();
oRun = Api.CreateRun();
oRun.SetFontSize(18);
oRun.AddText("Best regards,");
oRun.AddLineBreak();
oRun.AddText("ONLYOFFICE Document Builder Team");
oParagraph.AddElement(oRun);
oDocument.Push(oParagraph);
for(var i=0; i<6; i++) {
    oParagraph = Api.CreateParagraph();
    oDocument.Push(oParagraph);
}
oParagraph = Api.CreateParagraph();
var oFill = Api.CreateSolidFill(Api.CreateRGBColor(217,217,217));
var oStroke = Api.CreateStroke(0, Api.CreateNoFill());
oDrawing = Api.CreateShape("rect", 1568 * 3600, 9000, oFill, oStroke);
oParagraph.AddDrawing(oDrawing);
oDocument.Push(oParagraph);
oParagraph = Api.CreateParagraph();
oDocument.Push(oParagraph);
oParagraph = Api.CreateParagraph();
oFill = Api.CreateSolidFill(Api.CreateRGBColor(230,156,164));
oStroke = Api.CreateStroke(0, Api.CreateNoFill());
oDrawing = Api.CreateShape("heart", 69 * 3600, 58 * 3600, oFill, oStroke);
oDrawing.SetWrappingStyle("square");
oDrawing.SetVerAlign("paragraph", "center");
oParagraph.AddDrawing(oDrawing);
oRun = Api.CreateRun();
oRun.SetFontSize(22);
oRun.AddText("   Have a question? Contact sales at ");
oParagraph.AddElement(oRun);
oRun = Api.CreateRun();
oRun.SetFontSize(22);
oRun.SetColor(107,159,37);
oRun.SetUnderline(true);
oRun.AddText("sales@onlyoffice.com");
oParagraph.AddElement(oRun);
oDocument.Push(oParagraph);
builder.SaveFile("docx", "sampletext.docx");
builder.CloseFile();

ONLYOFFICE Document Builder のテクノロジー

ONLYOFFICE Document Builder では、しっかりと説明があり、使用しやすい JavaScript API をご利用になれます。当社のライブラリから適当な方法とクラスを利用するか、一般的に使用される JavaScript の方法をご利用になって、一部のフォーマット属性のプロパティを変更してください。
API ドキュメントを読む

お使いのアプリケーションがどんな言語で記述されていても、Document Builder の統合が可能です。

.Net (C# MVC) .Net (C#) Node.js PHP Ruby

質問がありますか?

Sales@onlyoffice.com までご連絡ください。