Word文書で定規を表示・使用する方法

2024年05月31日著者:Denis

Word文書での作業では、正確な書式設定や位置合わせが必要になることがよくあります。そのために欠かせないツールのひとつがルーラーです。この記事では、ルーラーとは何か、Word文書にルーラーを表示する方法、ルーラーを効果的に使用するさまざまな方法についてご説明します。

How to show and use a ruler in Word document

ルーラーとは?

Word文書内のルーラーとは、文書内のテキスト、画像、表、その他の要素を測定して揃えるための視覚的なガイドを提供する重要なツールです。文書ウィンドウの上部と左側に配置することで、一貫性のある正確な書式設定を行うことができます。このツールは、余白、インデント、タブストップの設定に便利で、プロフェッショナルな文書の作成に欠かせません。

How to show and use a ruler in Word document

マージンはページの端の余白を定義し、インデントはテキストとマージンの間の距離を制御し、タブストップは特定の水平位置で正確なテキストの整列を可能にします。ルーラーを使えば、整理された美しいレイアウトが実現し、文書が読みやすく、視覚的にも魅力的になります。シンプルな手紙でも複雑なレポートでも、ルーラーは適切な構造と配置を維持するために欠かせない機能です。

では、ONLYOFFICEテキスト文書エディタを例に、Word文書のどこに定規があるのか、そしてどのように使うのかを見てみましょう。

Word文書にルーラーを表示するには?

デフォルトでは、ルーラーがエディタウィンドウに追加されています。しかし、そうでない場合、Word文書にルーラーを追加する方法を説明します:

  • ONLYOFFICEテキスト文書エディタで文書を開いてください。
  • 上部メニューバーの「表示」タブに移動します。
  • ルーラーオプションをチェックし、ルーラーを有効にします。

How to show and use a ruler in Word document

有効にすると、ルーラーがドキュメントエディタの上部と左側に表示されます。

How to show and use a ruler in Word document

また、ドキュメントでの作業に最も便利なモードを設定し、以下のデフォルト表示オプションをカスタマイズすることもできます:

ツールバーを常に表示:このオプションを無効にすると、コマンドを含む上部のツールバーが非表示になり、タブ名は表示されたままになります。

ステータスバー:ページ番号インジケータ、ワードカウントインジケータを含む下部バーを表示し、いくつかの通知(例えば、「すべての変更を保存しました」、接続がなくエディタが再接続しようとしているときに「接続が失われました」など)を表示します。また、テキスト言語の設定、スペルチェックの有効化、変更履歴モードのオン、ズームの調整も可能です。

左パネル:検索と置換ツール、コメント、見出しパネル、その他のオプションがある左パネルを表示します。

右パネル:特定のオブジェクト、画像、表、図の設定があるパネルを右側に表示します。

How to show and use a ruler in Word document

Word文書でルーラーを使うには?

ONLYOFFICEテキスト文書エディタのルーラーは、様々な書式設定に活用できます。ここでは一般的な使用例を紹介します。

使用例1:余白の設定

余白とは、ページの端にある余白のことで、コンテンツを枠で囲み、印刷時にテキストが端からはみ出さないようにするためのものです。

利用可能なプリセットのいずれかを選択できます: ノーマル、ノーマルUS、ナロー、モデレート、ワイド。また、「カスタム余白」オプションを使用して、入力フィールドにページの上下左右の余白に必要な値を入力し、「余白」ウィンドウに独自の値を設定することもできます。

How to show and use a ruler in Word document

それだけでは不十分で、テキストがページ上でどのように表示されるかをすぐに確認したい場合は、ルーラーを使用します。

ルーラーを使って余白を設定するには:

  • ルーラー上の余白マーカーを探します。ルーラー上のグレーの領域は、ページの余白を示します。
  • 余白マーカーをクリックしてドラッグし、左右の余白を調整します。左側の垂直ルーラーを使用して、上下の余白も同様に設定できます。

How to show and use a ruler in Word document

使用例2:インデントの作成

インデントはドキュメントの書式設定において非常に重要な要素で、読みやすさと構造の改善に役立ちます。インデントは、テキストとページの余白の間のスペースを調整するもので、段落やリストによく使用されます。

水平ルーラーを使用してインデントを設定するには:

必要な段落を選択し、インデントマーカーをルーラーに沿ってドラッグします。

How to show and use a ruler in Word document

  • 最初の行インデントマーカー(上の三角形)は、段落の最初の行のページの左側からのオフセットを設定するために使用します。
  • ぶら下がりインデントマーカー(下三角形)は、段落の 2 行目以降のすべての行について、ページの左側からのオフセットを設定するために使用します。
  • 左インデントマーカー(三角形の下の四角形)は、段落全体のページの左側からのオフセットを設定するために使用します。
  • 右インデントマーカーは、ページの右側からの段落のオフセットを設定するために使用します。

使用例 3:ぶら下がりインデントの作成

ぶら下がりインデントとは、段落インデントの特殊なスタイルで、最初の行はインデントされず、段落の後続行はすべてページの左マージンからインデントされます。ハンギング・インデントは書誌や参考文献のセクションでよく使われます。著者名を中心に、参考文献リストのすべての項目をすばやく表示するのに役立ちます。

水平ルーラの左側には、ページの左マージンからの段落インデントを調整するための3つのマーカーがあります。

  • 上のマーカーは「1行目インデントマーカー」で、段落の1行目の左マージンからのオフセットを設定できます。
  • 下の三角形のマーカーは、ぶら下がりインデントを作成するために使用するぶら下がりインデントマーカーです。
  • 下の長方形のマーカー(左インデントマーカー)は、すべてのマーカーを一度に移動させるために使用し、段落全体のオフセットをページの左マージンから設定できます。

三角形の吊りインデントマーカーをクリックし、必要なオフセットに達するまで右にドラッグします。

使用例4:タブストップの設定

タブストップとは、Tabキーを押した後にカーソルが停止する位置を表す用語です。

タブストップを設定するには、水平ルーラーを使用します。

1.作業領域の左上隅にあるボタンをクリックして、必要なタブストップタイプを選択します。

How to show and use a ruler in Word document

以下の3つのタブタイプがあります:

左タブストップは、タブストップの位置でテキストを左側に並べます。

中央タブストップは、タブストップの位置でテキストを中央に配置します。

右タブストップは、タブストップ位置でテキストを右側に並べます。

2.タブストップを配置したいルーラーの下端をクリックします。ルーラーに沿ってドラッグして位置を変更します。追加したタブを削除するには、ルーラーからのドラッグを停止します。

How to show and use a ruler in Word document

使用例5:表のセル幅の調整

ルーラーを使用してセルの幅を調整することもできます。

列内の1つのセルの幅を列全体の幅よりも広くしたり狭くしたりするには、目的のセルを選択し、マウスカーソルをその右の境界線上に双方向矢印になるまで合わせてから、境界線をドラッグします。列内のすべてのセルの幅を変更するには、水平ルーラー上のマーカーを使用して列の幅を変更します。

How to show and use a ruler in Word document

ルーラーを使って文書を操作し、ONLYOFFICEテキスト文書エディタの他の機能を試してみてください:

オンラインで開始           デスクトップアプリを入手

おわりに

Word文書やONLYOFFICEのような文書エディタでルーラーを使うことは、正確な書式設定と位置合わせのために非常に重要です。上記のステップに従えば、余白を設定したり、インデントを作成したり、タブストップを追加したりするために、ルーラーを簡単に表示し、使用することができます。これらのスキルは、文書の読みやすさとプロフェッショナルな外観を向上させます。