ONLYOFFICE オンラインオフィススイートのクラウド版 ONLYOFFICE Docs SaaS がリリース

2022年11月16日 著者: Denis 0 102

皆さまに朗報です!

ONLYOFFICE Docsをサービスとして正式に展開しました。これにより、オンラインエディターを簡単に起動し、クラウド上のお好みのプラットフォームで、自社のコラボレーション環境を作ることができるようになりました。詳しくはこの記事をご覧ください。

Meet ONLYOFFICE Docs SaaS, the cloud-based version of the ONLYOFFICE online suite

エディターのホスティング、メンテナンス、アップデートを代行します

ONLYOFFICE DocsのSaaS版では、オンプレミス版のすべての編集・コラボレーション機能にアクセスでき、スイートを手動でインストール・設定する必要なく、同じユーザーエクスペリエンスを楽しむことができます。

私たちのチームが完全なメンテナンスと定期的なアップデートを提供し、プロフェッショナルな支援とともに、お客様はご自身のタスクやプロジェクトに集中することができます。

クラウドベース版のオンラインスイートは、ONLYOFFICEや公式パートナーが提供するすぐに使える連携アプリを使って、Nextcloud, ownCloud, Confluence, Alfresco, WordPressなどのさまざまなファイルストレージプラットフォームやDMSソリューションに接続することが可能です。

ONLYOFFICE Docsは、99,99999%の安定性を保証し、業界最高のセキュリティ標準に準拠して運用されているAmazon Web Services(AWS)上のサービスとしてホスティングしています。その他のホスティングオプションは後日公開予定です。

利用可能な料金プラン

ONLYOFFICE Docs as a serviceでは、「Business」と「VIP」2つの料金プランがあります。

Businessプランを選択した場合、ONLYOFFICEオンラインエディタは信頼できるパブリックサーバーでホストされ、後払い課金モデルが適用されます。つまり、毎月末に実際のユーザー数、ユーザーあたり8ドル/月が請求されます。

VIPクラウドの場合、ONLYOFFICE Docsは専用サーバーでホストされます。指定されたユーザー数に基づき、前払いでお支払いいただきます。

価格の詳細については、こちらのページをご参照ください。

ONLYOFFICE Docs クラウド版の利用開始までの流れ

登録ページに移動し、対応するフィールドにフルネームとメールアドレスを入力し、必要な料金プランを選択します。

Businessプランを選択した場合、Stripeのプラットフォームにリダイレクトされ、個人アカウントを作成することが必要です。

このステップを完了すると、ONLYOFFICE Docs (ONLYOFFICE Document Server)にお客様のプラットフォームを接続するために必要な詳細が記載されたメールが送信されます:

  • Document Server アドレス;
  • Document Server JWT ヘッダー;
  • Document Server シークレット。

Meet ONLYOFFICE Docs SaaS, the cloud-based version of the ONLYOFFICE online suite

ウェルカムページで必要な統合オプションを選択し、対応するONLYOFFICEコネクタをインストールしてください。その後、自社のプラットフォームにログインし、ONLYOFFICE設定ページを見つけ、対応するフィールドにメールで受信した詳細を入力する必要があります。「保存」ボタンをクリックするのを忘れないでください。

これで完了です。今から友人や同僚とリアルタイムでドキュメントを共同編集することができます。

VIPプランをご希望の方は、登録フォームに必要事項をご記入いただければ、ご希望やその他の条件についてご連絡いたします。

ONLYOFFICE Docsをクラウドで試してみませんか? * 今すぐこちらからご登録ください。

今すぐ登録

*ご注意:ONLYOFFICE Docs in the cloudは試用期間を設けておりません。ライセンス購入前にONLYOFFICEエディタを試したい場合は、お使いのプラットフォームの設定からONLYOFFICEデモサーバに接続してください。

コメントを書く