教室で発表するプレゼンテーションの準備に役立つ7つのヒント

2022年08月15日 著者: Denis 0 10
Share

学校や大学での宿題、グループプロジェクト、学術研究などで、良いプレゼンテーションを作成し、行うために必要な7つのコツをまとめました。すでに学生でない方も、次回のビジネスプレゼンテーションで同様に改善されるものと考えても良いでしょう。

7 useful tips for preparing a classroom presentation

まずは、良いオープニング

最初のスライドは聴衆に重要な印象を与える可能性が高く、この貴重な最初の数秒間は、聴衆があなたのプレゼンテーションを聞くときにどう見るかに影響すると思われます。

プレゼンテーション自体として、それは有益でありながら、理解しやすいものであるべきです。ここでは、最初のスライドに含めるべき重要な要素は次のとおりです。

  • タイトル。テキストのフォントを十分に大きくし、アクセントを追加することを恐れてはいけません。タイトルは、読みやすく、覚えやすくしましょう。
  • サブタイトル。聴衆が十分に理解できるように、トピックをより詳細に記述します。
  • 講演者の名前。スピーチで自己紹介をする場合、知らない人は、どのように声をかけたらいいのかすぐに忘れてしまうかもしれません。
  • プレゼンテーションの日付。

7 useful tips for preparing a classroom presentation

構成から始める

プレゼンテーションを成功させるための基礎となるのは、構成です。トピックをどれだけ理解し、スピーチを説明するためにどんな資料を用意しても、話を整理し、聴衆が快適に情報を受け止め、消化できるようにすることが肝心です。

まず、聴衆に何を学ぶかを知らせるために、冒頭のスライドの一つにプレゼンテーションの章をリストアップすることができます。あなたは、単純な箇条書きまたは番号付きのリストを使用するか、または構造がかなり複雑である場合は、テーブルを作成することができます。

7 useful tips for preparing a classroom presentation

そして、この構造に従って、プレゼンテーション全体を通して、自分自身と他の人がナビゲートできるようにします。各スライドに章の名前を記載し、どの章に属しているかをより明確にする。各ページに番号を付けると、質問をするときや、修正するためにスライドに戻るときに、簡単にその部分を参照することができます。

プレゼンテーションの構造は、人々があなたに従うのを助けるだけでなく、プレゼンテーションの作成自体を開始するための素晴らしい方法です。良い骨格があれば、大量の知見を整理することも容易になります。

スライドは多く、内容は少なく

スライドは簡潔に、重要なポイントのみを記載しましょう。聴衆は、詳細をすべて話すべきスピーチに従いますが、スライドは、あなたが説明した主題や出来事、図式や画像などの重要な視覚情報との関連を示すのに役立ちます。

7 useful tips for preparing a classroom presentation

全文や段落を入れるのは、わかりにくいのでなるべく避けましょう。その代わり、名前や数字など、聞きながら確認したり記憶したりするのが難しい内容を盛り込みましょう。

また、短い文章はフォントを大きくして、誰にでも見えるようにすることができます。これは、前の席の人よりも後ろの席の人の人がすべてがよく見えない大部屋でのプレゼンでは特に重要なことです。

スライドの実際の数は、プレゼンテーションの長さに関連していないことを覚えているので、それは1つの情報量の多いスライドではなく、いくつかの軽量のスライドを使用することをお勧めします。

10-20-30ルールにこだわる

一般にプレゼンテーションは、「情報」「時間」「アクセス性」の3つの要素で成り立っています。成功するプレゼンテーションは、次のような枠組みに当てはまると考えられています。

  • 講演や会議では、平均的な人は10以上のコンセプトを消化することはできませんし、考えるべきことが多すぎると、すべての仕事が無駄になる危険性が高いからです。
  • 休憩なしでこれ以上長く注意を持続させることは難しいので、最大でも20分程度にすべきです。
  • 視力やスクリーンとの距離は人によって違うので、快適に読んでもらうために、フォントは少なくとも30ポイント以上の大きさが必要です。

注意力を持続させる

人の注意力は驚くほど短く、たとえその話題に興味があったとしても、情報の消費に大きな影響を及ぼします。ましてや、日常生活における情報量の激増により、ますます多くの人が影響を受けているクリップ思考パターン。特に、プレゼンテーションの時間が長く、新しい情報が多い場合、人は気が散ってしまう(眠くなってしまう)可能性が非常に高いのです。短い休憩を入れたり、注意を引くような要素を入れることが大切です。

  • 新しい章や重要な部分の前にポーズを入れる
  • 短い目覚めの質問を入れる。例えば、トピックに関連する経験や意見について聴衆に尋ねる
  • スライドに多様なコンテンツを加える:画像、ビデオ、アニメーション、または明るい配色

結論を加える

発表した内容を聴衆に記憶してもらう最善の方法は、結論を加えることです。プレゼンテーションの後に要約を加えることは必須ですが、各章の後にスライドやスピーチの中で短い結論を加えることも同様に効果があります。

7 useful tips for preparing a classroom presentation

スピーチのためのメモを準備する

スピーチのテキストとメモをしっかり準備しておくと、スピーチの準備やプレゼンの際に自信を持つことができます。自分の能力に応じて、より詳細なスピーチテキストをプリントアウトしたり、携帯端末に保存したり、要点を覚えやすいように簡単な箇条書きを加えるだけでよいでしょう。

しかし、自分を過大評価しないようにしましょう。また、「曖昧さ」をなくすことも大切です。

ヒント: 誰もが記憶力が良いわけではありませんし、スピーチの最中に物理的なメモを使う余裕があるとは限りません。このケースでは、ONLYOFFICE Docsは、あなたがプレゼンテーションをストリーミングからコンピュータ上にのみ表示されますスライドの下に役立つメモを追加することができますプレゼンターモード機能を備えています。また、スライド間の移動、タイマーフォロー、ポインターの使用も可能です。

ONLYOFFICEの無料ソリューションを使って、コンピュータやブラウザ上で魅力的なプレゼンテーションを作りましょう。

デスクトップ版をダウンロード                    クラウドで使う

Share

コメントを書く