2022年、ONLYOFFICEエディタのアップデートは?

Published by
Denis

今年は、待望の機能やバグ修正を施したエディタのアップデートを3回リリースしました。2022年のONLYOFFICE Docsの歩みを振り返ってみましょう。

バージョン7.0:OFORMsとスプレッドシートの保護

1月、私たちは新しいドキュメントタイプである記入可能なフォームを備えたONLYOFFICE Docs 7.0に特化した大規模かつ非常に魅力的なオンラインカンファレンスを開催しました。ここでは、アップデートによる最も重要な機能性をご紹介します。

フォーム:新しいフォーマットであるOFORMとDOCXFは、オンラインで簡単にドキュメントテンプレートに記入したり、編集したりすることができます。現在、OFORMギャラリーで数十のテンプレートを無料で提供しています。

スプレッドシートの保護:XLSXファイル、個別のシート、または指定された範囲のパスワードで、スプレッドシートの賢明なデータは、より安全になりました。その他のセキュリティ対策として、数式の非表示やセルのロックがあります。

アニメーション:プレゼンテーションのスライド間のスムーズな変化を選択するための新しいトランジションタブに加え、アニメーションのサポートが追加されました。次のバージョン7.1からは、テキストやオブジェクトにアニメーションを追加することができます。

コラボレーションの強化:スプレッドシートのバージョン履歴により、ドキュメント内の進捗状況を簡単に把握し、任意のバージョンを復元することができます。さらに、コメントを著者別や新しいものから古いものへの並べ替えができるようになりました。

ダークモード:このオプションは、照明の暗い部屋でも快適な文書作成に貢献します。ダークモードとダークコントラストという2つのオプションがあります。

このブログ記事ですべてのアップデートを確認するか、概要をご覧ください。

バージョン7.1:PDFリーダー、ARM対応、印刷プレビュー機能を搭載

5月にリリースされたバージョン7.1では、すべてのエディタの機能が強化され、多くの機能要求に対応することができました。以下はその一部です。

PDFリーダー:PDF文書内の簡単なナビゲーション、またコンテンツへの影響を最小限に抑えた編集可能なDOCXへの自由な変換が可能です。現在では、私たちの無料変換ツールを使用して、オンラインで文書フォーマットを変更することができます。

ARM対応:ONLYOFFICE Docsは、高いパフォーマンス、エネルギー効率、統合されたセキュリティを提供するARMアーキテクチャを持つデバイスにインストールすることができます。

印刷プレビュー:印刷する前にスプレッドシートのレイアウトを確認することができます。

このブログ記事ですべてのアップデートを確認するか、概要をご覧ください。

バージョン7.2:プラグインマーケットプレイス、合字、新しいフォームフィールド

2022年の最後の大きなアップグレードには、翌年の新たな改良を促すような大きな機能が含まれていました。バージョン7.2では、開発者向けの数多くの機能性と、最適化された統合APIが導入されました。

プラグインマネージャー:バージョン7.2以前は、プラグインのインストールは時間がかかり、複雑なプロセスでした。しかし、新しいインストールマネージャーを使えば、数回のクリックでONLYOFFICE Docsのアドオンを手に入れることができるようになりました!

合字:アップデートされたフォントエンジンは、複数のシンボルを1つに統合できる合字など、より多くのスクリプトをサポートし、それゆえ新しい言語のサポートが可能になりました。

新しいフォームフィールド:電話番号や電子メールアドレスの入力が可能になり、複雑なカスタムフィールドも作成できます。

OLE スプレッドシート:XLSXワークブックをテキスト文書で共有することができます。

特殊な貼り付け:数式、書式なしのテキストなど、セルに貼り付けたいものを正確に選択できます。

このブログ記事ですべてのアップデートを確認するか、概要をご覧ください。

さらに、ONLYOFFICE DocsはSaaSソリューションとして利用できるようになりました。この導入モデルでは、エディタのホスティング、メンテナンス、アップデートを弊社が行いますので、ホスティングのトラブルとはもうおさらばです。

モバイルアプリの新バージョン(iOS & Android)

モバイルエディタにも重要な機能が追加され、大幅に充実しました。

iOS版 DocumentsONLYOFFICE DocumentsのiPhone/iPad版に今年登場した主な機能は、手書き認識、文書保護、カスタマイズ可能な図形、スプレッドシートの地域設定、Apple IDとMicrosoftによる認証などです。

Android版 DocumentsAndroidを搭載したスマートフォンやタブレット向けに、モバイルビュー、図形の流し込み、パスワード保護、スプレッドシートの地域設定などを追加しました。

無料のデスクトップエディタは?

Windows、Linux、Mac用のデスクトップアプリケーションは、オンラインエディタからほぼすべての機能を取得しました。さらに、このアプリはkDriveやLiferayと統合することができます。2023年のONLYOFFICE Docsに欲しい機能を、ぜひコメントで教えてください。

Published by
Denis

This website uses cookies. By continuing to browse the website you agree to our privacy policy.

our privacy policy