Redmine用ONLYOFFICEコネクタv2.0がリリース:ドキュメント変換、デモサーバへの接続、高度なサーバ設定など

Published by
Denis

すぐに使えるRedmine用コネクタの新バージョンをリリースしました。これにより、ドキュメントのOOXMLファイル形式への変換、デモのドキュメントサーバとRedmineの接続、設定ページでのサーバ設定の検証などができるようになりました。詳しくはこのブログ記事をご覧ください。

ドキュメント変換

Redmine用ONLYOFFICEコネクタの新バージョンでは、OOXML以外のファイルの編集がより便利になりました。以前は、ユーザーはテキストフォーマットを失わないために、DOCX、XLSX、PPTX形式で編集用のファイルを作成する必要がありました。現在では、OOXML以外のファイル形式でも、手動でOOXMLに変換して編集できるようになりました。

変換するには、Issues、Files、Documents、Wiki、Newsモジュールで必要なファイルを探し、ONLYOFFICEで変換というアイコンをクリックします。そして、新しいドキュメントの名前を入力し、フォーマットを選択し、OKをクリックします。

ドキュメントサーバーデモへの接続

Redmineにデモサーバを接続することで、ONLYOFFICEエディタをテストすることができます。この機能はプラグインのインストールのみ必要です。

「管理画面」→「プラグイン」→「ONLYOFFICE Redmineプラグイン」→「設定」と進み、「ONLYOFFICE Docsのデモサーバに接続」をチェックし、新しい設定を適用してください。

なお、デモ版は30日間のみ利用可能です。機密性の高いデータへの使用はご遠慮ください。

サーバーの詳細設定

ネットワーク構成によって、RedmineとONLYOFFICE Docsの間でパブリックアドレス経由のリクエストができない場合があります。そのような場合のために、ドキュメント編集サービスのアドレスは、内部アドレス(サービスにアクセスするためのアドレス)とパブリックアドレス(編集者にアクセスするためのアドレス)の2つの設定に分けられるようになりました。

サーバーの詳細設定では、Redmineサーバーからの内部リクエスト用のONLYOFFICE Docsアドレスと、ONLYOFFICE Docsからの内部リクエスト用のリターンサーバーのアドレスを適切なフィールドに設定することができます。

これらのフィールドは任意です。内部リクエストを使用する必要がない場合は、フィールドを空白にすることができます。デフォルトではパブリックサーバーが使用されます。

設定ページでのサーバー設定のバリデーション

プラグインの設定がより簡単になりました。ONLYOFFICE Document ServerとRedmineサーバー間のアクセスを即座に確認する仕組みを追加しました。

これで、プラグインの設定が正しくできているかどうか確認することができます。ONLYOFFICE連携プラグインの設定にあるすべてのパラメータを入力し、「適用」をクリックします。何か間違っている場合は、エラーが表示されます。

自己署名証明書の無効化

ONLYOFFICE Document Serverで、すべての自己署名証明書の検証を無効にすることができるようになりました。

「管理画面」→「プラグイン」→「ONLYOFFICE Redmineプラグイン」→「設定」と進み、「証明書の検証を無効にする(安全でない)」にチェックを入れ、設定を保存してください。

また、ドキュメントのアクセス権に関する問題を修正しました。

利用開始

Redmine用ONLYOFFICEコネクタの最新版を入手しましょう。

コネクタのダウンロード

ONLYOFFICE DocsとRedmineを連携させる方法は、こちらの動画をご覧ください。

 

Published by
Denis

This website uses cookies. By continuing to browse the website you agree to our privacy policy.

our privacy policy