Word文書内のテキストを検索して置換する方法

Published by
Denis

ONLYOFFICE Docsのバージョン7.2では、新しい検索バーが追加されました。これにより、ユーザーはより快適に文書内のコンテンツを検索し、追加のオプションを適用し、結果をナビゲートすることができます。それでは、Word文書内のテキストを検索して置換する方法を見てみましょう。 

Word文書内の単語やフレーズを検索する方法

文書内の個別の単語や文章を検索するには、右上の拡大鏡アイコンをクリックするか、Ctrl+Fのキーコンビネーションを使用してください。

上部の右側に表示されるウィンドウに、検索する単語を入力します。結果は、本文中で自動的に黄色くハイライトされます。 検索ウインドウの上下の矢印、またはEnterキーで、検索結果から次の検索結果へジャンプします。この場合、指定した単語やフレーズが見つかる場所まで文書が自動的にスクロールされます。また、見つかったすべての検索結果を一覧で表示することもできます。これを行うには、検索ウィンドウの3つの点をクリックします。左側のツールバーには、検索と置換のパネルが表示され、結果が一覧表示されます。それらをクリックすると、文書の必要な部分に直接アクセスできます。

Word文書内のテキスト検索に高度なパラメータを適用する方法

ONLYOFFICEエディタのバージョン7.2では、単純な検索に加えて、大文字小文字の区別や単語全体のみなどのオプションも追加されています。その使い方をご紹介します。

大文字小文字を区別する

左側のツールバーの拡大鏡のアイコンをクリックすると、検索パネルが表示され、オプションが追加されます。

次に、前回と同様に表示されるパネルの「検索」フィールドにフレーズを入力します。このステップでは、すでに検索に一致するすべての結果が下のリストに表示されます。ただし、この結果は、ソース文書での大文字と小文字の区別や、単語のスペルに関係なく、その単語やフレーズの他の出現箇所と一致します。

「大文字と小文字を区別する」ボックスをオンにすると、入力したものと一致しないオプションを除外することができます。

たとえば、「Rooms」という単語を大文字で入力しました。最初の検索では、「room」に一致するすべての単語が結果に表示されました。次に、「大文字と小文字を区別する」をチェックすると、大文字で始まるバリアントだけが取得されます。

全単語のみ

もう一つの追加オプションは、「全単語のみ」を使用することです。この場合、検索結果には、スペースまたは句読点で囲まれた、入力された文字のみが含まれます。例えば、”the “という文字の組み合わせが、単語と冠詞の両方に存在する場合です。このオプションを適用すると、見つかった冠詞だけが表示されます。実際にどのように機能するかを見てみましょう。

前のステップと同様に、左側のツールバーに移動します。検索]フィールドに必要な単語を入力し、「全単語のみ」をチェックします。これで完了です。 

内容の検索と置換の方法

テキスト全体またはいくつかの部分で、ある用語を別の用語に置き換える必要がある場合があります。テキストを読み直し、手作業で修正するとなると、かなりの時間と労力がかかります。また、集中力の低下によるミスも否定できません。そんなときに役立つのが、「検索と置換」という機能です。

別々の単語を置換する

まず、上記のように文章中から必要な単語を探します。検索結果の中から、単語を置き換えたい文章を探し、それをクリックします。次に、「置き換え」の欄に正しい単語や用語を入力し、「置き換え」をクリックします。その後、文章中の単語が自動的に新しい単語に置き換えられます。

検索結果をすべて置き換える

また、数回のクリックで、テキスト内のすべての単語を別の単語に置き換えることができます。 これを行うには、検索を実行した後、「置換」フィールドに正しい単語を入力し、「すべて置換」をクリックします。検索され、置換された結果の数が表示されます。

ONLYOFFICEの検索・置換オプションやその他のアップデートされた機能をお試しください。

クラウドで試す               デスクトップ版をダウンロード

Published by
Denis

This website uses cookies. By continuing to browse the website you agree to our privacy policy.

our privacy policy