合字(リガチャー)とは何か、どう使うのか?

Published by
Denis

先日、ONLYOFFICE Docsのバージョン7.2がリリースされました。追加された機能の中に、合字のサポートがあります。合字とは何か、ONLYOFFICEでどのように使うのか、そしてどの言語に対応したエディタなのかをご紹介します。

タイポグラフィにおける合字とは

ライティングとタイポグラフィにおいて、合字とは2つ以上の字体を結合して1つのグリフにしたものです。言い換えれば、複数の文字を結合して作られたユニークな文字です。例えば、二重音素の「æ」や記号の「&」は、もともとラテン語で「と(and)」を意味する「et」の合字です。

合字が使われる目的によって、以下のように分けられます。

  • 言語的合字:テキストを入力する際に、無視できないものです。ベンガル語やシンハラ語などでは、音や単語、フレーズを表します。
  • 美的合字:オプションで、どの言語のテキストにも現れる可能性があります。これは、線が重なり合うように配置された文字のペアやトリプルのことです。合字は、段をつなげたり、i の上の点を取り除いたり、文字の形を変えたりすることで、文字間の移行や接続をより滑らかにするものです。美観を損なわず、タイピングされたドキュメントの読みやすさを向上させることができます。

フォントの合字の使い方

前述のとおり、合字は新しい言語の使用を可能にします。さらに、どの言語でも使用できる方法があります。ここでは、いくつかの例を集めました。

  • テキストの読みやすさを向上させる。合字の使いすぎは逆効果になることがあるので注意が必要。
  • 英単語を書き写すときなど、テキストに特殊文字を使用する。
  • 電子書籍で美しい見出しを作る。
  • 過去のある時代について言及する文章を作成する。合字は古英語で使われていた。

ONLYOFFICEエディタでは、バージョン7.2より合字をサポートしています。では、どのように使うのか見ていきましょう。

ONLYOFFICEで合字を使えるようにする方法

ONLYOFFICE DocsとDesktop Editorsでは、ドキュメントエディタとプレゼンテーションエディタで合字を使えるようになりました。デフォルトでは、このオプションは無効になっています。 詳細設定で有効にすることができます。左側のツールバーの「詳細設定を表示」をクリックしてください。

表示されたウィンドウで「フォント」を選択し、「活字を開く」のドロップダウンリストの中から必要なオプションを選択します。標準、文脈、歴史、任意合字のいずれかを選択し、2つまたは3つのタイプを組み合わせて適用するか、またはすべてを有効にすることができます。OKをクリックします。

しかし、すべてのOpenTypeフォントが合字を含んでいるわけではありません。ここでは、そのような記号を含むフォントをいくつかご紹介します。Calibri、Times New Roman、Tahoma、Constantia、その他。もう一つ重要なことがあります。合字を含むテキストを、合字に対応していないアプリケーションにコピー&ペーストすると、元のテキストとは異なる外観になります。

使用するタイプ

Open Typeフォントは通常、4種類の合字に対応しており、それぞれ異なる機能を持っています。

標準的

標準的なものは、フォントが文字の衝突などのエラーを起こさずに表示されるようにするために必要なものです。「f」や 「t」など、最もよく使われる合字が含まれていますが、言語によって異なります。読みやすさを向上させるためのものです。

文脈的

文脈的合字は、その名前が示すように、特定のフォントに基づいており、そのフォントでのみ使用することができます。合字を構成する文字間の結合動作を改善することにより、読みやすさを向上させるように設計されています。

歴史的

歴史的合字とは、ある時代を表すために歴史的な目的で作られたタイポグラフィの形式です。デザイナーは、古風な印刷物の外観を思い起こさせるために、これをフォントに加えることがあります。歴史的合字は読みやすくするためのものではありません。

任意合字

任意合字は、装飾用にデザインされたもので、特に読みやすさを追求したものではありません。一般的に使用されているわけではありません。テキストは通常、アクセントとしてその要素のいくつかを借用しています。

個別の単語やフレーズにリガチャを適用する方法

合字は、入力したテキストだけでなく、個々の単語、フレーズ、段落に適用することもできます。これを行うには、必要な単語または段落を選択し、詳細設定で必要な合字の種類を選択します。「OK」を押します。こうして、合字はハイライトした箇所だけに適用されます。ONLYOFFICE Docs v7.2のすべての新機能をビデオでご覧ください。

また、ONLYOFFICEで新機能を実際にお試しください。

クラウドで試す              デスクトップ版を入手

Published by
Denis

This website uses cookies. By continuing to browse the website you agree to our privacy policy.

our privacy policy