ONLYOFFICE Workspace 12.0:新しい共有設定、IMAP、WebDAVサーバー、CardDAVアドレス帳など

Published by
Denis

みなさん、こんにちは。
今回は素晴らしい報告です!

コラボレーション・プラットフォームの新バージョンでは、すべてのモジュールで生産性、操作性、セキュリティが大幅に強化されています。詳しくは、こちらの記事をご覧ください。  

効率的なドキュメント管理・共有

共有設定をバージョンアップ。バージョン12.0では、ファイル共有ウィンドウのデザインを変更し、より直感的で便利になりました。また、ドキュメントの保護に役立つ新しい設定を追加しました。

  • ファイルを印刷、ダウンロード、コピー不可(読み取り専用・コメントのみ)
  • 共有設定の変更不可(フルアクセスの場合)

どこにあるのか:ドキュメント → 「共有」ボタン → 「詳細設定」 OR 「コラボレーション」タブ → 「エディター内の共有」

WebDAVサーバー。最新のアップデートにより、WebDAVクライアントからリモートWebサーバー上の他のユーザーと共同してファイルを編集・管理することができるようになります。詳細はこちら 

Docs v7.1。アップデートされたONLYOFFICE Workspaceには、最新版のオンラインエディターも含まれています。新機能として、PDF変換、「表示」タブ、スライドのアニメーション、スプレッドシートの印刷プレビューなどがあります。Docs v7.1についてはこちら

対応ファイルフォーマットを強化。FB2、XML、OXPSファイルを開いて閲覧できるようになりました。 さらに、ドキュメントマネージャーでの変換オプションを拡張し、ダウンロードできるようにしました。

  • XMLファイルを対応するテキストフォーマットへの変換
  • OXPSファイルをPDFに変換
  • EPUB、FB2、HTML、DOTX、OTTへの変換が可能なドキュメント
  • XLTX、OTSに変換可能なスプレッドシート
  • POTX、OTPに変換されたプレゼンテーション
  • マクロベースのOOXML(DOCM、DOTM、XLSM、XLTM、PPTM、POTM)に変換されたドキュメント、シート、スライド

どこにあるのか:ドキュメント → ファイルのコンテキストメニュー → 「名前を付けて保存」 → 「変換」

さらに改良。ゴミ箱フォルダの自動削除を設定することができます。

どこにあるのか:ドキュメント → 「設定」 → 「共通設定」 → 「ゴミ箱の自動削除」

また、ドキュメントを共有する際の既定のアクセス権を設定することができます。例えば、ほとんど「コメント」権限でファイルを共有する場合、これを既定としておけば、共有中に変更するのを忘れる心配はありません。この設定を変更しない場合、読み取り専用権限が既定で選択されます。

どこにあるのか:ドキュメント → 「設定」 → 「共通設定」 → 「共有設定における既定のアクセス権」

さらに、個別のファイルを追加するだけでなく、フォルダー全体を「お気に入り」に追加できるようになりました。

最適化されたメール

IMAPとバックアップ。ONLYOFFICE 12.0では、IMAP同期と、Mail Serverデータベースのバックアップ・復元オプションを追加しました。

強力なアグリゲーター。接続されたメールボックスをより高速に処理するために、メールアグリゲータの機能を大幅に向上させました。

受信確認機能。メール送信時に、従来の配達証明に加え、既読証明の発行が可能になりました。受信側では、クライアントアプリケーションがその機能をサポートしている場合、メッセージに対応する通知が表示されます。

メールでのメンション。メールの中で他のポータルユーザーを@メンションでタグ付けすることができます。この場合、彼らは受信者リストに追加されます。

チームマネジメントを刷新    

CardDAV。ここでの大事な強化点は、ポータルユーザーのデータをもとにCardDAVのアドレス帳を作成できるようになったことです。現時点では、同期は一方向にしか機能しません。ポータル上でユーザーデータが変更されると、作成されたCardDAVブックが更新されます。ヘルプセンター参照 

新しい認証オプション。バージョン12.0では、Apple IDとMicrosoftアカウントを連携してポータルにログインすることができるようになりました。

どこにあるのか:「人」 → 「プロフィール」 → 「ソーシャル·ネットワークでログイン」

プロフィール情報を拡張。プロフィールの連絡先設定に、Telegramアカウントを追加できるようになりました(メールアドレス、電話番号、SNSなどに加えて)。会社のチャットでTelegramを使用している場合などに便利です。

どこにあるのか:「人」 → 「プロフィール」 → 「編集」 → 「連絡先」

フィードを更新。「誕生日」セクションをコミュニティから「人」モジュールに移動し、「誕生日」と「新入社員」のフィードをアップグレードして、常に最新の情報を提供できるようにしました。

注意:バージョン12.0から、Yahoo側の技術的な制限により、Yahooからのユーザーインポートを削除しました。

カレンダーとプロジェクトの新機能

イベントの作成がより簡単。「説明」フィールドをアップグレードし、そこにテキストをフォーマットしたり、リストやハイパーリンクを追加して、カレンダーイベントの説明をより正確に表示できるようになりました。

イベントの添付。さらに、「文書」モジュールからのファイルを含め、イベントにドキュメントを添付できるようになりました。

.

プロジェクトレポートを改訂。「ユーザーアクティビティ」と「プロジェクトリストレポート」を更新し、その他のレポートでも必要な箇所に期間要素を追加しました。

メンション。タスクのコメントに「@」でユーザーをタグ付けし、プロジェクトでの支援が必要であることを知らせることができるようになりました。タグ付けされたユーザーには、通知が送られます。

また、プロジェクト内のサブタスクをドラッグ&ドロップで簡単に再割り当てできるようになりました。

Googleからのデータ移行

Googleから、すべてのデータが自社サーバーに安全に保管されるセルフホスティングのONLYOFFICEへの移行が簡単にできるようになりました。アップデートされたコントロールパネルを使って、管理者はGoogle WorkspaceからONLYOFFICEにデータ(ユーザープロファイル、連絡先、ファイルなど)をインポートすることができます。ヘルプセンターを参照

また、ユーザーからの要望を受け、Nextcloud、ownCloudからのデータインポートオプションも追加いたしました。

セキュリティ強化

全般的な改善。全文検索とインデックス作成に使用しているElasticsearchサービスを、すべてのセルフホストバージョンで別のコンテナに移動するなど、いくつかのセキュリティ問題を修正しました(log4jの問題のため)。また、プライベートルームでドキュメントを開く際の仕組みを見直しました。

アクティブな接続をチェック。ユーザープロフィールで、ポータルへのアクセスに使用された接続のリストを確認することができるようになりました。接続情報には、OSやブラウザ、時間、IPアドレス、位置情報などが含まれます。接続先からログアウトすることができ、異常な動作に気づいた場合は、すぐにパスワードを変更することができます。管理者であれば、特定のユーザーのアクティブな接続をすべてログアウトすることもできます。

どこにあるのか:「ユーザー」 → 「プロフィール」 → 「アクティブな接続」

その他のアップデート 

「フィード」やメールのドロップダウンリストなどのデザインを変更するなど、オンラインオフィスの全体的なルック&フィールを改善しました。

注意:「コミュニティ」モジュールは、新しいクラウドポータルや新規インストールでは既定で無効化されるようになりました。ポータル設定からいつでも有効にすることができます。

新バージョンを使いこなす

アップデートの詳細についてはONLYOFFICE WebWeek 2022をご覧ください。

Google Workspaceからの移行方法について:

ONLYOFFICE Workspace 12.0ダウンロード

ONLYOFFICE 12.0はすでにクラウドで利用可能です。

今すぐインストール

セルフホストインストールは、もう少し後に利用可能になる予定です。

お役立ちリンク

クラウドを登録

ONLYOFFICE Docs v7.1

ONLYOFFICE Desktop Editors 7.1

セルフホストのWorkspaceを入手

Cloud Computing Insider Awards 2022

Form creation contest

Published by
Denis

This website uses cookies. By continuing to browse the website you agree to our privacy policy.

our privacy policy